スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弄れるものと弄れないもの

  • 2008/03/19(水) 23:28:06

ふとみなみけ5巻を読んでて思った。

みなみけはあれだよね、平凡な日常を描く漫画なのに何故あそこまで面白いのか。
うん、それは作者の絶妙なキャラ設定と絶妙な"間"の取り方にあると思う。

つまり、原作者のキャラ描写が非常に絶妙だということ。
だからアニメ2期でオリジナル要素を入れれば入れるほど、違和感が出る一方であり、どう転んでも面白くならない。
だって原作者が描く世界観が既に完成されたもので、それが面白いんだもん。

じゃあオリジナル要素を取り入れてもある程度の評価をもらっている、バンブーやARIAはどうか。
この辺りは世界観の種、ようは舞台や素材が絶妙だから、ウケる。
だから原作の良さをきっちり理解していれば、オリジナル要素を取り入れてもあまり違和感は出ず、むしろアニメ制作側がやり手であればあるほど、面白い作品に仕上がっていく。

みなみけはいくら理解しようとも、あの原作者が描く絶妙な間がないとダメなんだよね。
だから1期は支持された。
原作にかなり忠実だったから。

まぁ、弄れるものと弄れないものは理解しないと、ってことですね。


@@@狼と香辛料
今週のわっちはかっこよかった。
特に後半。
うむ、アニメは作画のラインが綺麗だから好きだ。
見ていて安心する。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。